Event is FINISHED

『「かわいい」のちから』刊行記念トークセッション

Description

『「かわいい」のちから』刊行記念トークセッション
入戸野 宏 & 増山 かおり
「かわいい」ってなんだろう?

【日時】
2019年7月4日(木)
19:00〜20:30(Open 18:30)

【定員】
40名(途中入退場可)

【参加費】
無料(要事前申込)

【申込み方法】
・Peatixよりお申込みください。
・メールでのお申込みも受け付けています。
 「お名前」「ご連絡先」を明記のうえ、event@kagakudojin.co.jp に送信してください。

「かわいい」。
普段の会話でも、よく耳にする言葉です。
かわいいものを思い浮かべることは可能ですし、かわいいについての共通理解が、なんとなくあるように思います。
しかし、「かわいい」ってどんなものか、言葉で説明できるでしょうか?

6月1日に、化学同人より刊行された『「かわいい」のちから』では、「かわいい」とは何かを科学的に読み解いていきます。
たとえば、
・かわいい色や形はあるの?
・かわいいの感じ方は性別、年代によって違う?
・かわいいものに近づきたくなる心理とは?
・かわいいものを見ると笑顔になるのはなぜか?
・かわいいと手助けしたくなるの?
・かわいいは役に立つの?
など、「かわいい」をめぐるさまざまな疑問が取り上げられており、目からウロコの連続です。


今回のトークセッションでは、本書の著者の入戸野宏先生(大阪大学教授)と、かわいいものが大好きなフリーライターの増山かおりさんをお迎えし、「かわいい」ってなんだろう? という疑問に迫ります。

普段何気なく使っている「かわいい」という言葉を、ひと味違った角度から眺めてみませんか?

【出演者プロフィール】
入戸野 宏(にっとの・ひろし)
1971年、横浜市生まれ。98年、大阪大学大学院人間科学研究科修了。博士(人間科学)。広島大学総合科学部助手、広島大学大学院総合科学研究科准教授を経て、2016年より大阪大学大学院人間科学研究科・教授。
専門は、実験心理学、認知心理生理学。認知・感情・動機づけといった心理学のテーマについて、身体的・生理的な反応も測定しながら多角的に研究している。
著書・訳書・編書に、『心理学のための事象関連電位ガイドブック』(北大路書房)、『メディア心理生理学』(北大路書房)、『シリーズ人間科学3:感じる』(大阪大学出版会)などがある。
Eテレ「又吉直樹のヘウレーカ!」にも出演(2019年4月17日放送)


増山かおり(ますやま・かおり)
1984年、青森県七戸町生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、百貨店勤務を経てフリーライターに。20歳前後から「かわいい」と思うものが急に拡大したのをきっかけに、なぜ人間は「かわいい」を感じるのかを考えている。
著書に『東京のちいさなアンティークさんぽ レトロ雑貨と喫茶店』(エクスナレッジ)、共著『町中華探検隊がゆく!』などがある。
特にかわいいと思うものは、ひょうたん、たぬき、まぬけな民芸品など。


【その他】

・このイベントについてのお問い合わせは event@kagakudojin.co.jp まで。

主催:化学同人 協力:BOOK LAB TOKYO

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#445296 2019-06-19 04:47:41
More updates
Thu Jul 4, 2019
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加券 FULL
Venue Address
渋谷区道玄坂2丁目10−7 2F 新大宗ビル1号館 Japan
Organizer
『「かわいい」のちから』刊行記念トークセッション
12 Followers
Attendees
26